一人暮らしを始める方必見!マンスリーマンションの特徴とは

3月13日 - by admin

そもそもマンスリーマンションはどんなもの?

初めて一人暮らしをスタートする際に決めなければならないのが住居ですよね。アパートやマンションの他に、マンスリーマンションというものがありますが、これは希望する期間に限って住むことが可能なマンションを指します。マンスリーマンションの特徴は、敷金または礼金も不要なことと、電気や水道、ガスなど生活に必要なものも初めから開栓されているという点です。また、生活に必要な家具に関しても備わってしますので、手軽に新生活をスタートさせることができます。

マンスリーマンションを借りる方法とは

マンスリーマンションの賃貸借契約は殆どの場合、定期借家契約という契約形態になります。借りたい場合にはこうした契約を結んで、契約した期間に発生する料金の支払いを行います。その際、運転免許証またはパスポートなど、身分を証明できるものを提出します。一般的には、1日分の賃料に加えて住むことになる日数に相当する光熱費も支払います。最初の段階で保証金が要ることもありますが、料金は個々のケースで様々です。こうしたことから分かるように、通常の賃貸マンションを契約する場合と比較すると、初期費用が安く抑えられるという長所があります。

マンスリーマンションを借りる場合のメリットとは

普通のマンションに引っ越す場合には、家具などの荷物をまとめたり荷造りにも時間がかかるものですが、マンスリーマンションを借りる場合は、自分の着替えなど身の周りのものを準備すれば引っ越しの準備は完了します。また、物件によっては、借りる期間に応じて特別な割引プランを設定している企業も沢山ありますので、そうしたプランを活用すれば、期間が長くなるほどお得に滞在することができます。さらに、一般の賃貸物件を借りる時に求められる場合が多い保証人についても、マンスリーマンションなら必要ありませんよ。

マンスリーマンションは、敷金や礼金といった初期費用が掛からず、保証人も不要という場合が多いので、気軽に利用できます。